役に立つ紫外線対策情報


『役に立つ紫外線対策情報』
 
こんにちは。
仲間作りが大好きな整体師の宮澤博文です。
 
今や紫外線は一年中避けるのが当たり前になってきました。春や夏は特に、冬でも紫外線対策をしている人は多いかと思います。
 
日焼けクリーム、UVファンデーション、日傘対策欠かせません。
 
そんなの気にしないという人もいます(^^)
 
毎日長い時間皮膚に塗ったままにする日焼け止めは、皮膚への負担があるの、なるべく少なくしたい人もいるかもしれません。
 
そこで⁉️
 
身体の中からも対策が大事だと言うことも意識してみてください。
 
《食品編》
 
🔘トマト
 
トマトには多くのリコピンが含まれます。
リコピンとは赤い果物に含まれるカロテノイド色素で、植物はこの色素を太陽から身を守るために活用することが知られています。
 
カロテノイドを多く含んだ果物や野菜を摂取することで日光に対する耐性を上げることができます。
 
トマトは加熱するとリコピンが増加するのです。
トマトを使った料理はこの夏にぴったりですね。トマトジュースもいいですね。
 
スイカやグレープフルーツには特に豊富に含まれています。
 
 
🔘サツマイモ
 
βカロチンも日焼け対策として効果的です。βカロチンを最も多く含んでいる野菜はサツマイモです。
紫色のサツマイモはおいしいだけでなく、シアニジンやペオニジンなど
UV対策の化粧クリームにも使用されていることもあり、酸化防止効果があります。
 
βカロチンは、他にもにんじんや緑の野菜にも多く含まれています。
 
酸化防止効果には、特に『ザクロ』がおすすめです。
 
🔘緑の野菜
 
 
緑の野菜は、日焼け防止に効果があり、日焼けした肌を修復する作用もあります。
βカロチンに加えて、緑の野菜の多くは葉酸やビタミンA、C、Eを含んでいます。
 
特にブロッコリーには皮膚がん予防に効果があるとされているスルフォラファンが多く含まれています。
 
緑の野菜を混ぜたパスタソース、スムジーなどにしてみたりと工夫して、シンプル健康&毎日のアンチエイジングを心がけてみてください
 
 
🔘魚
 
鮭やニシン、サバ、マスやイワシなどの魚には日光から肌を守る効果のあるオメガ3脂肪酸が多く含まれています。
 
DHA・EPA。体内では作られないので、実は食品などから摂る必要があります。
美肌、脳の活性化(記憶力や学習能力のアップ、認知症の予防)など様々な嬉しい効果が期待できる栄養素です。
 
皮膚の細胞の新陳代謝を活発化し、結果、肌の色つやは良くなり、美肌を保つことができます
 
 
6.お茶
 
お茶には紫外線から肌を守ってくれる2種類のフラボノイドであるポリフェノールとカテキンがふんだんに含まれています
 
中でも緑茶には最もパワフルなポリフェーノールである没食子酸エピガロカテキンが多く含まれているので最も効果的だと言われています。
 
没食子酸エピガロカテキンは日常的に摂取することにより日光による肌の老化を遅らせ、皮膚がんを予防
腫瘍細胞を抑制する効果があることが分かっています。
この効果を得るためには一日二杯以上のお茶、特に緑茶を飲むと良いそうです。
 
 
🔘フラックスシード
 
コストコとかでもおいてます(^^)
フラックスシードはそのままだと
体内に吸収されにくいと言われていますので
ミルなどで、細かく粉砕するといいです。
 
フラックスシードには良質のオメガ3、食物繊維やリグニンなどの酸化防止剤が大量に含まれていて、
 
がん予防、紫外線対策、便秘解消、腸内環境、老化予防、精神疾患の緩和、更年期障害の症状の予防や緩和に効果的と言われています。
 
フラックスシードはサラダやスムージーやパン、ブルーベリーヨーグルト、ハーブティとしても美味しく頂けます。
 
 
本格的な暑さの到来です。おいしい夏飯で、暑さに負けず夏を乗り切りましょう!(^^)
 
 
 
LINE@の登録もお願いします
@746iwlor
 
いいねも押して頂けたら嬉しいです(^^)