精神的原因で起こりうる肩こり


【精神的原因で起こりうる肩こり】
 
こんにちは
仲間作りも笑顔にするのも大好きな整体師の宮澤博文です。
 
精神的原因というと深刻なものを想像するかもしれません。
いわゆる「緊張」「不安」「悲しみ」など、誰でも感じるような感情がある程度続けば肩こりが起こります。
 
 
『モデルを引退した女性の話』
 
数年前のお話になりますが、
 
お母さんと一緒に整体サロンに来店した時がありました。
彼女は「自閉症」「対人恐怖症」でほとんど家から出なくなってしまっていたところ
 
お母さんに、肩凝り、腰痛を訴えていたらしく、お母さんが無理やりにでもと思い、思いきって外に娘を引っ張りだし連れてきたそうです。
 
そこで私はその娘さんとゆっくり話をしました。
 
10代でモデルの世界に入り、有名な雑誌に掲載されていたそうです
 
〇ライバル同士の争い、蹴落とし合い
〇カメラマンからの「最近太ったね」「もっと痩せないとためだよ」
 
など色々涙ながら話をしてくれましたが、ようやく肩こり、腰痛の張りを私に訴えてきたのです。
 
私はこんなに症状がひどくても、この時にいうセリフは決めていました。
 
「そうなんだ~こんな肩こりはすぐに楽になるよ~」って
 
そのセリフを彼女に伝えたら、彼女は「目が点」から笑顔に(^^)
 
いざ施術に入ると、肩も腰とともに張りがとてもひどく、常に横になっている為に筋肉が落ちていました。
 
これでは、残った筋肉たちも悲鳴をあげてしまうのも無理もありません。
 
長年精神疾患を患っていると、精神安定剤、睡眠導入剤など服用をされていることが多いので、もはや病気から肩こりが起こっているのか、薬の副作用で起こっているのか?
 
外に出ていない運動不足から来ているのかがよくわからなくなってくるのです。
 
とりあえず私ができることは施術しかありません。
 
 
「60分コースを週1回を半年間施術」
 
回数を重ねることに娘さんは、1人で外出してお店に来られるようになっていました。
次第に会話が生まれ、みるみる体調がよくなるのです。
 
半年後に彼女からの発言「先生~私薬止めたよ」って、
「整体をするとね。一度リセットされる気持ちになるし、 解放感と私頑張らなくっちゃって気持ちが凄く前向きになるんだよ。先生に出会えてよかったです。」
 
って話をしてくれました
 
私は涙が出るくらい嬉しかったことを思い出します。
 
今でも通ってくれています。現在は月1回ですが、肩こりも腰痛も楽ちんのようです。
 
 
肩こりを楽にすることにより、精神的に楽になったり、ストレスが解放されたり、それなりにメンタル的にも効果があるように思えます。
 
皆さんも、仕事で行き詰った、対人関係が上手くいかなくなったなどストレスを抱えていたら、ぶらっと整体に立ち寄ってみるのもいいかもしれませんよ(^^)
 
LINE@にいつでもお気軽にご相談ください(^^)
 
個人LINE@登録
 
 
青山総合整体サロン~ピュアーラ~